家庭用脱毛器は、脱毛サロンに通わなくても脱毛ができるので、とても便利ですし、使う場所や時間を選ばないのも、ムダ毛処理に悩む人にとってはとても使いやすい商品です。しかし、そんな家庭用の脱毛器にも、欠点がいくつかあります。

 
まず、完全に脱毛はできないという点です。家庭用の脱毛器の場合は、毛根からムダ毛を抜くことはできても、その毛根のはたらきを抑える効果はありません。ですから、いちど脱毛をしても、あるていど時間が経つと、またムダ毛が生えてきてしまいます。エステサロンやクリニックで施術してもらう脱毛の場合は、ムダ毛の毛根にまで作用するレーザーを使用しますので、だんだんと毛根のはたらきが弱まっていき、脱毛するたびにムダ毛の力はよわくなっていくので、最終的にムダ毛が生えてこなくなるのですが、家庭用の脱毛器にはそういった効果は期待できません。

ビジネス男性01
また、脱毛器を使用する際に、お風呂場で使用できないタイプのものを使う場合には、脱毛したムダ毛が部屋に散らばってしまい、掃除が大変だという欠点もあります。

 
そして、脱毛し終わった後に、ていねいにブラシでムダ毛を取り除くなどの後処理をしないと、故障しやすいという欠点もあります。