自宅で手軽に、そして安価に脱毛できると人気の家庭用脱毛器ですが、欠点があることをご存知でしょうか?

 

家庭用脱毛器には、脱毛サロンやクリニックの脱毛マシンのように冷却装置はついていません。ですから、脱毛で敏感になっている肌にとってはとても負担が大きいのです。脱毛サロンやクリニックで使われている脱毛マシンは、レーザーを照射すると同時に肌は冷却することができます。それによって、肌の負担は少なくなり、腫れや赤みといったダメージを最小限におさえることができるのです。

 

さらに脱毛サロンやクリニックでは、施術後に冷却を行い、ローション等で保湿も行ってくれます。クリニックに至っては、炎症止めを塗ってくれたり、薬を処方してくれるところもあるのです。脱毛は、本来それほどまでのケアをしなければ肌に負担となるものなのです。

ビジネス男性06

 

ですから、施術と同時に肌を冷却すらできない家庭用脱毛器は、お肌にとってはあまり良いとは言えないのです。家庭用脱毛器を利用して脱毛する場合は、その点をしっかり留意して、肌のケアを怠らないようにしましょう。ムダ毛はなくなっても、肌が色素沈着をおこしたり、荒れてしまうことも考えられます。充分に注意が必要です。