» 未分類のブログ記事

家で脱毛が出来る脱毛器は結構高価なものばかりです。

 
最近では、自宅で気軽に脱毛をすることができることから使用する方が増えてきています。せっかく購入した脱毛器を長持ちさせるための方法をまとめています。

 
脱毛器に内蔵されているバッテリーは使わない時でも自然放電され、電池が減ってしまいます。電池が空の状態が続くとバッテリーが壊れやすくなるので、こまめな一か月に一度くらいの頻度で充電をしたほうが良いです。

携帯電話02
家庭用脱毛器を使う際に必要になるのが替え刃や使い捨てのカートリッジです。機器の種類によって価格は異なりますが、高価なものが多いため長く使えるようにしていきます。

 
そのためには、使用後のこまめなお手入れも欠かせません。
フラッシュタイプのものは、施術後はカートリッジやフィルターに汚れが付くことがあるため、長く使うためにも電源を切った状態でフラッシュ面を中心にアルコールを含ませた綿棒や清潔な布で汚れだけを拭き取ります。

 
熱線により処理するタイプのものは、装着したサーミコンチップの汚れを付属品のブラシや柔らかい布で綺麗にします。
使ったままにせず、こまめな使用後のメンテナンスを行うことで維持費を減らすことが可能です。

美容脱毛の分野では、エステティックサロンや美容外科で先進的な方法で脱毛が行われています。前者においてはフラッシュという技術で、後者においてはレーザーという技術で行われます。脱毛の原理としては両者に大差はありません。毛根に対して光を照射し、黒い部分に反応させて脱毛を促すというものです。施術は繰り返し行われ、最終的には毛母細胞から再発毛を抑制するところまで進みます。この施術は少ない人で6回程度、多い人では十数回を要します。体毛にも人それぞれに個性がありますから、一律に何回の施術で完了する、とは言えないものです。さてこの手法を永久脱毛と誤認する人がいますが、数年に渡る効果はあるものの、永久的な効果はありません。したがってやがて再発毛が見られるはずです。しかし導入されて年月が浅いメニューですので、実証的にどの位の期間を経て再発毛するのかは検証されていません。多くの業者では2年程度の保証期間を定めているようです。

ビジネス男性08

 

さて両者の違いはなんでしょうか。フラッシュの場合はエステティックサロンで導入できますが、レーザーはできません。これは認可制によるものであり、今のところ有資格は医療機関にしかないからです。

 

 

脱毛方法も時代とともに移り変わり、ハサミと剃刀・ブラジリアンワックス・ニードル・フラッシュ・レーザーと様々な種類があります。目的に応じて安価にすませたり、長期に渡る効果を期待してより多くの金額を投資する、という棲み分けがなされています。

家庭用脱毛器は、家電量販店や通信販売などで手軽に手に入れられるものですし、自宅に居ながら脱毛ができますし、外出先に持っていけば、どこでも脱毛をすることもできるので、とても便利です。しかし、正しい流れで使わなければ、せっかくの脱毛器の効果を最大限に発揮されないこともあるので、きちんと手順をまもって正しく使用することがたいせつです。

 
まず、脱毛をしたい箇所を清潔にします。ホコリや皮脂がついたままだと、脱毛しにくくなってしまいますし、脱毛器の故障にもつながりかねないので、お風呂のあとなどが適しているといえます。

 
それから、脱毛するムダ毛の長さも重要です。あまり長すぎると、脱毛器に引っかかってしまって、効果的に脱毛ができないこともありますし、脱毛器自体に毛がからまって、脱毛器の故障につながってしまう場合もありますので注意が必要です。

ビジネス男性12
脱毛器を使う際にいちばん適したムダ毛の長さは、3ミリ程度だといわれています。ですから、いちどカミソリでそって、ムダ毛が伸びてきたころに脱毛器をしようすると、いちばん効果的にムダ毛を処理することができます。

 
そのあとは、専用のブラシなどで脱毛器に付いたムダ毛をおとして、故障を防ぎましょう。

自宅で手軽に、そして安価に脱毛できると人気の家庭用脱毛器ですが、欠点があることをご存知でしょうか?

 

家庭用脱毛器には、脱毛サロンやクリニックの脱毛マシンのように冷却装置はついていません。ですから、脱毛で敏感になっている肌にとってはとても負担が大きいのです。脱毛サロンやクリニックで使われている脱毛マシンは、レーザーを照射すると同時に肌は冷却することができます。それによって、肌の負担は少なくなり、腫れや赤みといったダメージを最小限におさえることができるのです。

 

さらに脱毛サロンやクリニックでは、施術後に冷却を行い、ローション等で保湿も行ってくれます。クリニックに至っては、炎症止めを塗ってくれたり、薬を処方してくれるところもあるのです。脱毛は、本来それほどまでのケアをしなければ肌に負担となるものなのです。

ビジネス男性06

 

ですから、施術と同時に肌を冷却すらできない家庭用脱毛器は、お肌にとってはあまり良いとは言えないのです。家庭用脱毛器を利用して脱毛する場合は、その点をしっかり留意して、肌のケアを怠らないようにしましょう。ムダ毛はなくなっても、肌が色素沈着をおこしたり、荒れてしまうことも考えられます。充分に注意が必要です。

家庭用脱毛器はサロンに通う必要もなく、自宅で手軽に脱毛を行えることから非常に人気が高まっています。購入する際もインターネット通販などで簡単に購入することが出来ます。そして届いた日からすぐに利用することが出来る手軽さとなっています。

 
非常に便利な家庭用脱毛器にも欠点はあります。まず大きな特徴は出力が弱い点です。家庭で誰でも利用できる、というものである以上、肌トラブルなどを起こさないように製造する必要があります。肌の強さ、使用感などは使う人それぞれです。なのでレベルを選ぶことが出来るようになっているものでも、最大レベルの場合で肌トラブルが極力起こらないよう設定されています。

ビジネス男性05
出力が低い、ということはすなわち効果が感じられるまでに時間がかかる、ということでもあります。また、専門店で目安とされている回数よりも多く数をこなさなければならない、といった点もあります。専門店で使われているものは機械のレベルが高くとも、プロによる施術、判断等で行われているため、高出力が実現しています。なので少ない回数で効果が表れるのも早く、大きく感じられるのです。

 
しかしこれらが気にならない人であれば、大幅にコストを下げることができるので魅力的なものでもあります。

家庭用脱毛器は、脱毛サロンに通わなくても脱毛ができるので、とても便利ですし、使う場所や時間を選ばないのも、ムダ毛処理に悩む人にとってはとても使いやすい商品です。しかし、そんな家庭用の脱毛器にも、欠点がいくつかあります。

 
まず、完全に脱毛はできないという点です。家庭用の脱毛器の場合は、毛根からムダ毛を抜くことはできても、その毛根のはたらきを抑える効果はありません。ですから、いちど脱毛をしても、あるていど時間が経つと、またムダ毛が生えてきてしまいます。エステサロンやクリニックで施術してもらう脱毛の場合は、ムダ毛の毛根にまで作用するレーザーを使用しますので、だんだんと毛根のはたらきが弱まっていき、脱毛するたびにムダ毛の力はよわくなっていくので、最終的にムダ毛が生えてこなくなるのですが、家庭用の脱毛器にはそういった効果は期待できません。

ビジネス男性01
また、脱毛器を使用する際に、お風呂場で使用できないタイプのものを使う場合には、脱毛したムダ毛が部屋に散らばってしまい、掃除が大変だという欠点もあります。

 
そして、脱毛し終わった後に、ていねいにブラシでムダ毛を取り除くなどの後処理をしないと、故障しやすいという欠点もあります。

家庭用脱毛器を効果的に使うには、お肌のお手入れと同様に、家庭用脱毛器自体のお手入れもしっかりとおこなう必要があります。脱毛器で脱毛をすると、ムダ毛を抜く過程で、肌についている皮脂やホコリもいっしょに抜きあげていくことになりますから、使用後の脱毛器はそのままにしておくとムダ毛や皮脂が挟まった状態のままになってしまいます。そうすると、サビや不具合の原因にもなります。また、ケアをせずにそのまま使用しつづけようとすると、挟まったムダ毛が絡まって、次のムダ毛を効果的に脱毛することが困難になってしまいます。

ビジネス女性11
家庭用脱毛器には、付属品としててお手入れ用品もついていますので、それらを使って脱毛器のお手入れも忘れずにするようにしましょう。そうすれば長く脱毛器を使用し続けることができます。

 
同じように、脱毛後のお肌のケアもわすれずにしたいものです。脱毛後のお肌は敏感になりがちなので、ほうっておくと、水分が逃げやすくなってしまって、乾燥の原因になります。乾燥がすすむと、すこしの刺激でもかゆみを感じやすくなり、それでかいてしまうと、さらに肌を荒らすことにつながってしまいます。ですから、ムダ毛処理後には、ローションなどを使って保湿ケアを忘れずにしましょう。

ムダ毛処理の方法としては、大きく分けて二つあります。

ビジネス04
一つは除毛です。
これはカミソリや電気シェーバーなどを使い行うのですが、皮膚も一緒に削ってしまう可能性がありますので、肌が弱い方などは、あまりおすすめできません。
場合によっては、埋れ毛ができてしまうこともあります。
また、次の毛がすぐに生えて来てしまいますので、お手入れの手間もかかります。
黒く点々としてしまうこともあります。

 

 

もう一つの方法としては、脱毛があります。
最近は家庭用脱毛器の質もかなりよくなっていますので、効率よくきれいにすることができます。
自分で使うのは不安だと言う方もいるかもしれませんが、使い方さえ守れば安全に使うことができますので、使用説明書をよく読んでから使いましょう。

 

 

家庭用脱毛器の種類はいくつかありますが、フラッシュや、レーザーが主流です。
ローラー式のものは、昔はよく使われていましたが、やはり埋れ毛になりやすいということがありますので、今はあまり使われていません。

フラッシュに関してはあまり痛みがありませんので安心して使えます。

お値段も大分安くなって来ていますので、お買い求めやすくなっています。自宅で好きな時にできるのはメリットです。

家庭用脱毛器は、危険性が無くかなり安全に作られています。

 

販売をしているメーカーにとっても確実に安全な品物じゃないと、なにかアクシデントが起こってしまった場合は保証もしなければならないですし、その製品を販売することができなくなってしまいます。そうなると今までの開発費や、現在の完成品の在庫や部品なども無駄になってしまいます。適切な利用さえしていれば火傷をしてしまう危険性もありません。家庭用の脱毛器はそこまで高出力にできないように制限もされています。

 

副作用もないので安心して利用することができます。処理を行う前に肌の状態をしっかりと確認することはとても大事です。キズがあったり、日焼けをしている場合は適切な使用の範囲を超えてしまうために健康な状態でやるようにすれば大丈夫です。

ビジネス03

 

脱毛中は肌が乾燥しやすくなっていますので、保湿クリームなどを利用すると肌へのダメージもありません。自宅で自分で気軽に利用できる脱毛器はとても便利だという事は多くの人が理解をしています。時間に縛られる事もなく予約を入れる必要もないですし、今まで時間がかかっていたムダ毛の処理を短時間で簡単に終わらすことができてしまいます。扱い方も簡単です。